ニュース・おしらせ詳細

掲載日:2018年12月16日(日)

【いしかわ動物園】ニホンライチョウのメス成鳥が到着

ニホンライチョウのメス成鳥が到着

12月14日に、ニホンライチョウの成鳥1羽(メス、2017年生まれ)が上野動物園からやって来ました。
いしかわ動物園では、絶滅危惧種であり、国の特別天然記念物である日本産ライチョウを守るため、環境省の取り組むライチョウ生息域外保全事業に参加し、国内の動物園や研究機関等と協力して飼育と繁殖に取り組んでいます。 当園では、今年、オス3羽の繁殖に成功し、これまでのところ順調に生育していますが、来春からの繁殖に取り組むため、繁殖ペアの確保について関係機関と調整してきました。 その結果、今回の移動が実現したものです。
 今回搬入された個体は、「ライチョウの峰」の成鳥飼育室(非公開)内にある飼育ケージに収容しました。 今後、慎重に飼育に取り組んでいきます。 飼育・繁殖技術の確立を優先させるため、当面は公開の予定がありませんが、今後とも写真や映像を通じて、経過等の情報を提供していきたいと考えています。

もどる